木の下くん、高木くん、土作くん・・・くんくんくんの1988年シバウラ総合カタログその2

少し驚いたのは田植機を売っていたこと。この頃シバウラは総合農機メーカーだったんですね。トラクター狂さんは三菱のOEMと見ているようです。

今日は「昔のカタログシリーズ」、トラクター狂さんが送ってくれたシバウラの1988年版総合カタログの続きです。トラクター狂さん、ありがとうございます!

前回見たのは1970年(昭和45年)のシバウラ総合カタログでした。それから18年、シバウラはどう変わったのでしょう。

 

硬派の機械メーカーだと思っていたシバウラにお姉さんが登場していますが、それをおいて注目したいのは「木の下くん」「高木くん」「土作くん」の「くんくんトリオ」。項派だと思ったのは僕の思い込みだったようです。
硬派の機械メーカーだと思っていたシバウラにおねえさんが登場していますが、それをおいて注目したいのは「木の下くん」「高木くん」「土作くん」の「くんくんトリオ」。硬派だと思ったのは僕の思い込みで、「おねえさん」と「〜くん」の愛称は、一通り製品が出そろい差別化の難しくなった農機業界全体を巻き込んだ大きなムーブメントだったようです。

 

「〜くん」から始まった愛称はやがて「〜ちゃん」そして「〜っこ」「〜っ子」へ発展していくんでしたね。

 

これは元祖エコネット元気くん。苗いじめのローラーですね。これは「くん」がついている上に、知的財産権の発達していなかった頃から名前が重要だった和菓子業界でおなじみの「元祖」つきです。
これは元祖エコネット元気くん。苗いじめのローラーですね。これは「くん」がついている上に、知的財産権の発達していなかった頃から名前が重要だった和菓子業界でおなじみの「元祖」つきです。

 

茨城県水戸市常澄産コシヒカリ 苗
このように使うものです。

 

こまきちゃん
こまきちゃん

 

箱まきちゃん
箱まきちゃん

 

らくまきちゃんR これなどは「〜ちゃん」+Rです。「くん・ちゃん」にもインフレが始まっています。これがそのうち「らくまきちゃんZ」とか「らくまきちゃんEX」とか「らくまきちゃんROYAL」などに繋がっていくヤツです。
らくまきちゃんR これなどは「〜ちゃん」+Rです。「くん・ちゃん」にもインフレが始まっています。これがそのうち「らくまきちゃんZ」とか「らくまきちゃんEX」とか「らくまきちゃんROYAL」などに繋がっていくヤツです。

 

少し脱線しました

 

「やさしくて、仕事ができるマイコントラクタ・スタイガー」トラクターのインパネのことをこのカタログでは「マイコンモニタ」と呼んでいるようです。写真の基板がそのマイコン基板なのでしょうか? 名前はともかく、こういうカクっとしたインパネ、好きなんですよね、僕。
「やさしくて、仕事ができるマイコントラクタ・スタイガー」トラクターのインパネのことをこのカタログでは「マイコンモニタ」と呼んでいるようです。写真の基板がそのマイコン基板なのでしょうか? 名前はともかく、こういうカクっとしたインパネ、好きなんですよね、僕。

 

少し驚いたのは田植機を売っていたこと。この頃シバウラは総合農機メーカーだったんですね。トラクター狂さんは三菱のOEMと見ているようです。
少し驚いたのは田植機を売っていたこと。この頃シバウラは総合農機メーカーだったんですね。トラクター狂さんは三菱のOEMと見ているようです。

 

“木の下くん、高木くん、土作くん・・・くんくんくんの1988年シバウラ総合カタログその2” の続きを読む