ライバルと対立軸ははっきりと・・・マヒンドラパワーシャトル6075「撮りトラ@スプリングフェア」

今日はOさんとMさんに誘われて行った春の農業機械&生産資材展示会「スプリングフェア2018」で見た、マヒンドラ6075PSTです。

三菱のブースにあったのですが、導線が良かったのか、やる気があったのか、マヒンドラだけでなく三菱のブース全体が見応えのある作りになっていました。

 

ちょっと前のヤンマーとか三菱といった感じで、残念ですけど僕にはあまりひっかかるところがない顔。でも四角めなところには少し好感が持てるかも。

ちょっと前のヤンマーとか三菱といった感じで、残念ですけど僕にはあまりひっかかるところがない顔。でも四角めなところには少し好感が持てるかも。

 

日本の三菱重工業と当社は2015年5月に農業用機械(トラクター・コンバイン・田植え機・耕運機)の部門において、戦略的業務提携・協業を展開することで基本合意し、これに合わせて三菱農機が当社に対する第3者割当増資を行い、当社が33%の株式を取得[7]。同10月1日付で、三菱農機の社名に当社の名前を加えた「三菱マヒンドラ農機株式会社」[8]に変更している。

マヒンドラはWikipediaによればマヒンドラ&マヒンドラといい、(Mahindra & Mahindra Limited、略称M&M)は、インドの自動車製造企業。 インドのコングロマリットの一つ「マヒンドラ・グループ」の中核企業で、三菱重工業・三菱農機との関係は2015年5月に農業用機械(トラクター・コンバイン・田植え機・耕運機)の部門において、戦略的業務提携・協業を展開することで基本合意し、これに合わせて三菱農機がマヒンドラ&マヒンドラに対する第3者割当増資を行い、33%の株式を取得。同10月1日付で、三菱農機の社名にマヒンドラ&マヒンドラの名前を加えた「三菱マヒンドラ農機株式会社」に変更している。とのことでした。

マヒンドラ6075PSTはマヒンドラの6000シリーズ中最大で、3気筒の4サイクル水冷ターボ・インタークーラー・コモンレールエンジン71馬力/2100rpm

マヒンドラ6075PSTはマヒンドラの6000シリーズ中最大で、3気筒の4サイクル水冷ターボ・インタークーラー・コモンレールエンジン71馬力/2100rpm

 

細かく何か書いてある・・・と思って写真を撮ったのですが、うまくピントが合わずマトモに読めません。ドイツで行なわれた展示会のレポートみたいなんですが・・・

細かく何か書いてある・・・と思って写真を撮ったのですが、うまくピントが合わずマトモに読めません。ドイツで行なわれた展示会のレポートみたいなんですが・・・

 

細かく何か書いてある・・・と思って写真を撮ったのですが、うまくピントが合わずマトモに読めません。ドイツで行なわれた展示会のレポートみたいなんですが・・・

おお!アミアミ部分にマヒンドラのマークから伸びたラインがかかってる。これはいいなあ。

 

テールランプ。どんなメーカーが出てくるかワクワク・・・

テールランプ。どんなメーカーが出てくるかワクワク・・・

 

MINDA?やっぱり出てきました。見たことのないマーク。

MINDA?やっぱり出てきました。見たことのないマーク。

 

調べるとUNO MINDA という1980年に創業されたインドの会社の製品でした。自動車関係の灯火類を総合的に作っていて、日本のメーカーも含めたくさんの自動車会社に製品を納めているそうです。

調べるとUNO MINDA という1980年に創業されたインドの会社の製品でした。自動車関係の灯火類を総合的に作っていて、日本のメーカーも含めたくさんの自動車会社に製品を納めているそうです。やっぱり出てきましたね。インドの部品メーカー・・・インドには知らない部品メーカーがたくさんありそうです。

 

真正面からの顔は結構いいかも!ヘッドライトもインドのメーカー期待したんですけど、銘がなく、UNO MINDAのものかどうかも含めてわかりませんでした。

真正面からの顔は結構いいかも!ヘッドライトもインドのメーカー期待したんですけど、銘がなく、UNO MINDAのものかどうかも含めてわかりませんでした。

 

運転席はわりとシンプルな作り。狭くて全体が撮れないので・・・

運転席はわりとシンプルな作り。狭くて全体が撮れないので・・・

 

WEBサイトから6075の写真を引っぱってきました。

WEBサイトから6075の写真を引っぱってきました。

 

 

キャビンタイプはファブリックのシートですが

キャビンタイプはファブリックのシートですが

 

キャビンなしは赤いラインが挑発的なビニールレザータイプ。「アメリカでデザインされ、作られた」というのがウリのようで、インドだから英国製がありがたがられるのかと思いきや、トラクターの世界ではアメリカ製がステータスなんですね。

キャビンなしは赤いラインが挑発的なビニールレザータイプ。「アメリカでデザインされ、作られた」というのがウリのようで、インドだから英国製がありがたがられるのかと思いきや、トラクターの世界ではアメリカ製がステータスになっているみたいです。

 

アメリカ製がいいのかと思うと今度は反対に、WEBサイトではアメリカ製と比較広告が出てきます。同クラスなのでしょうか、マヒンドラ6075とJD5075E、それからクボタのM7060、ニューホランドのWorkmaster70との比較です。

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (みみずくより[07/27]) 生きていれば90くら
  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (岩崎裕尚より[07/27]) このクボタグレイツ乗
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (農機さんより[07/23]) 中馬力帯にもLEDが
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械