急にクボタユーテリティビークル RTVの記事が見られて何かと思った。これも「撮りトラ」?

サイトのアップデートは何とか終りました。

サイトのアップデートは何とか終りました。

↑今年もレッドブルボックスカートレース)みたいな楽しいこと、やりたいですね!

管理ページにアクセスできなくなって青くなりましたが、サイトのアップデートは何とか終りました。まだ、動画の表示がおかしいので全部の動画についてタグを打ち直さなくちゃイケナイんですけどね。(600以上あるのでゲッソリですが)

スマホでご覧の方は見え方がずいぶん変わってビックリされたかもしれません。前の表示が良いという方は一番下に出てくる「PC」のボタンをクリックすれば以前の表示の戻れます。

さて、本題です。

昨日から『ダンプがいいのかな?・・・クボタユーテリティビークル RTV・・・「撮りトラ」』の記事がずいぶん読まれてて・・・

Kubota Utility Vehicles RTV クボタユーテリティビークル RTV

結構カッコいいし、これいいなあ・・・と、思ったのですが、コメント欄では日本では四駆の軽トラが安過ぎてなかなか難しいだろう・・・という結論になっていました。


価格を調べてみると、2017 Kubota RTV-X900 General Purpose で $13,345.00
日本円にすると現在¥1,505,231.23
150万ちょっとでしょうかね・・・日本じゃ売ってないですけど、安いような高いような・・・

何かと思ったら↓これでした。

↑なぜか長澤まさみさんがクボタのユーテリティビークルRTVに乗ってるコマーシャルが流れてる・・・

このキャンペーンは「壁がある。だから、行く。」というもので、特設サイトまでできてます。

↑軽トラよりは走破性が高そうですから荒野の多い土地ではこういうのがいいですね

Kubota Utility Vehicles RTV クボタユーテリティビークル RTV

クボタユーテリティビークル RTV バギーのような車のような小さい機体です。

Kubota Utility Vehicles RTV クボタユーテリティビークル RTV

ダンプがついてます。これもポイント!

RTVを見て始めに思ったのは、運転席にガラスがないってこと。ってことは、これ。オフロードレーシングのトロフィトラック。同じようにガラスがありません。

RTVを見て始めに思ったのは、運転席にガラスがないってこと。ってことは、これ。オフロードレーシングのトロフィトラック。同じようにガラスがありません。

カッコいいですけど、トラックである理由がないと思いません? まあ、始めは自分ちにあるトラックで競争したのが始まりなんでしょうけど。

カッコいいですけど、なんで窓がないんだろう・・・ワイパーとかを付けたくないから?

このユーティリティビークル、吹きっさらしなヤツばかりかと思ったら、トラクターみたいなガラスがハマってるのもあるんですね!

このユーティリティビークル、吹きっさらしなヤツばかりかと思ったら、トラクターみたいなガラスがハマってるのもあるんですね!

『ポラリスACE570「撮りトラ?@クボタサマーフェア」』ではポラリスのユーティリティビークルも見ました。

ポラリスACE570(ガソリンエンジン仕様) ポラリス製プロスター水冷単気筒DOHC567cc ポラリスCVTオートマチック(P/R/N/L/H) 四輪駆動(オンデマンド式AWD/2WD)デフロック機構(ボタン切替式) 最大搭載量 フロント55kg リア110kg 最大牽引重量 680kg 一人乗り 税込¥1,990,440

一人乗りのオフロードビークルです。

ポラリスACE570(ガソリンエンジン仕様) ポラリス製プロスター水冷単気筒DOHC567cc ポラリスCVTオートマチック(P/R/N/L/H) 四輪駆動(オンデマンド式AWD/2WD)デフロック機構(ボタン切替式) 最大搭載量 フロント55kg リア110kg 最大牽引重量 680kg 一人乗り 税込¥1,990,440

顔が恐いんですよ。

こちらはポラリスのサイト。怖い顔ばかりですね!

こちらはポラリスのサイト。怖い顔ばかりですね!

これです。(写真はウィキペディアより)確か3mないんだよなあ・・・長さで値段が決まっているフェリー料金がすごく安い。これも新機構をバンバン打ち出せた良い時代だったからなんでしょうか・・・今でも圧倒的にカッコイイ!

僕は怖い顔系は好きじゃないので、これ推しです。(写真はウィキペディアより)確か3mないんだよなあ・・・長さで値段が決まっているフェリー料金がすごく安い。バモスホンダ→圧倒的にカッコイイ!

クボタばかりでなく、一大カテゴリーなんですね!

カワサキだってカッコイイの出してます。このドアいいなあ・・・と思ったら、どこもそんな感じ。外観だけじゃ区別つかないです。

カワサキだってカッコイイの出してます。このドアいいなあ・・・と思ったら、どこもそんな感じ。外観だけじゃ区別つかないです。

もちろんホンダも・・・近くでロゴを見ないとどこのかわからない。

もちろんホンダも・・・近くでロゴを見ないとどこのかわからない。

ホンダ、ちょっと足が長くて走破性が良さそう。

ホンダ、ちょっと足が長くて走破性が良さそう。

スズキユーティリティビークル

こちらはスズキ。屋根付きは見つからなかったので、すこし小さめかな?

ヤマハユーティリティビークル

こちらはヤマハ。やっぱり怖い。

これです。(写真はウィキペディアより)確か3mないんだよなあ・・・長さで値段が決まっているフェリー料金がすごく安い。これも新機構をバンバン打ち出せた良い時代だったからなんでしょうか・・・今でも圧倒的にカッコイイ!

やっぱりこれだな。バモスホンダに超絶走破性を持たせたマシンを開発する・・・売れないか・・・今の時代。

今日はこれでおしまい。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/01/02/kubora_rtv900/trackback/