「こんな大きな米袋があったのけ?」

先日の草刈りのタイミングで、今回のレッドブルボックスカートレースの最大のスポンサーの近所の人達にカートのお披露目とお礼をしてきました。

お披露目といっても、雨の中のレースを走ったハッキリ言ってボロボロの米袋ですが・・・
お披露目といっても、雨の中のレースを走ったハッキリ言ってボロボロの米袋ですが・・・
面白かったのは、このサイズの米袋があると思って「こんな大きな米袋があるのけ?」と聞く人が何人かいたこと。もし、こんな大きな米袋があったとして、これに米を入れたら1トン近く入っちゃうでしょうから底が抜けちゃいます。底が抜けなかったとしても、誰も持てないし運べません。
面白かったのは、このサイズの米袋があると思って「こんな大きな米袋があるのけ?」と聞く人が何人かいたこと。もし、こんな大きな米袋があったとして、これに米を入れたら1トン近く入っちゃうでしょうから、底が抜けちゃいます。底が抜けなかったとしても、誰も持てないし運べません。
それからちょっと乗ってもらったりしました。さすが機械好きの農家の人達。エンジンが付いていないことを知ると、「エンジン付けたらおもしろかっぺね」と、動力を付けることを勧めます。そうですよね。下るだけというのも面白いですが、エンジンが付いたらそれはそれで面白いです。
それからちょっと乗ってもらったりしました。さすが機械好きの農家の人達。エンジンが付いていないことを知ると、「エンジン付けたらおもしろかっぺね」と、動力を付けることを勧めます。そうですよね。下るだけというのも面白いですが、エンジンが付いたらそれはそれで面白いです。
自作派で、トラクターのキャビンを作っちゃったIさんもニコニコです。
自作派で、トラクターのキャビンを作っちゃったIさんもニコニコです。
今日明日は雨の予報・・・紙と木と木工ボンドでできている我らが「お米たべてー!」号は、大変水に弱いです。ですからカッパを作りました。
それからこの米袋の雨カッパ・・・僕が自分で作ったというのを知ると「コンバインのカバーを作ってくれよ」などと言います。さすが目の付け所は農業ですね!

お米やカンパをいただきましたみなさん、ありがとうございました!

1970年-1973年、R2500には末尾がS/F/Gとあった!三菱R2500G「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で見た、三菱トラクターR2500G「撮りトラ」です。先日は短縮版でした。

まずは前回のおさらいから・・・

—————————————–

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

正面のグリルには「HI-POWER25PS」のバッジが誇らしげに付いています。これ、以前『顔は変わったけど、ある部分だけ変わらなかった。三菱トラクターR2000「撮りトラ」』で紹介した時にはついていませんでした。

R◯◯◯◯シリーズは、型番末尾に「G」が付くものと付かないものがあるようです。「G」の違い、二駆と四駆の違いでもなさそうですし、何かゴージャス仕様・・・例えばこの黄色いバッジが付く付かない・・・などの些細なものかもしれません。

これがスズエM2500(ネットで見つけた画像)
こちらはOEMだと言われているスズエM2500(ネットで見つけた画像)

全く顔が一緒ですね(あ!でもスズエのほうは顎のスリットが1本少ない)。三菱マークのところに無理矢理スズエのマークを付けているのがわかります。それと、R2500Gと同じ黄色いバッジ(なぜかHI-POWER15PS)が付いているのもわかります。

マフラーの出が違うので、エンジンは違うものと思われます。数字は同じ2500ですが、HI-POWER15PSのほうが正しそうです。

—————————————–

とまあ、こんな感じでした。

型番末尾に「G」が付くものと付かないものがありましたが調べてみると、さらにSやFが付くものがあるようです。

三菱R4桁シリーズの年表
まとめてみるとこのようになっているようです。これからすると末尾のアルファベットはR4桁のグレードのような感じがしますね。

更に見ていきましょう。

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
ヘッドランプは有名メーカーなのにトラクターではほとんど見かけない小糸製作所のシールドビーム。久しぶりに見ました。
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
三菱の下のあたり、雑巾がすごく気になります。何のために、何を養生しているのでしょう・・・
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
お!これは直流発電機ですね。マフラーは上向きにも下向きにもできるようフランジに穴がたくさんあいています。ホーンがアンモナイト状!
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
三菱伝統のプレートの形。少なくともR2000の1967年からD2650の1980年頃まで使われています。
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
シンプルな運転席まわり。黒いつまみはヘッドライトのスイッチ。メーターは上が速度、下が回転数を表しています。完全にハンドルの下に入ってしまって見にくそうです。
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。
この角度から見ると燃料計も付いているみたいですね。写真は以上です。

決して丸っこいトラクターではないのに、全体から受ける印象もそうですが、細部を見ても柔らかい感じがします。どうしてなんでしょうね

今日はここまでです。また明日!