カートを作ろう!5(とりあえず下ってもいいかな)

訪問者の少ない土日はレースが近づいてきたこともあってカートの話。レッドブルボックスカートレース、「お米たべてーTEAM」のカート製作記とか覚え書きみたいなものです。

カートを作ろう!なんて銘打ってますけど、「これを見ればカートができる」わけではありません。どうせろくなものができないし、自分で考えて作ったほうがいいです。

とりあえずそこらへんを「押し歩く」仕様だったカートを、今度は「坂道を下る」仕様にしなくてはなりません。このままじゃ怖くてやってられないです。

それからハンドルも、ただ穴に突っ込んであるだけの左右の車輪を連結する棒も取っ払います。
取り回すだけだったハンドルも、ただ穴に突っ込んであるだけの左右の車輪を連結する棒も取っ払います。
ちゃんとハンドルをつけ直します。なんだか短いな・・・
ちゃんとハンドルをつけ直します。なんだか短いな・・・
ブレーキを手でかけるなんていうのはイヤなので、これを取っ払って・・・
ブレーキを手でかけるなんていうのはイヤなので、これを取っ払って・・・
足で踏めそうなところへ持って行って・・・ああああ・・・「とりあえず」(仮)の部品が残っちゃってミッットモナイことになってるぅ・・・
足で踏めそうなところへ持って行って・・・ああああ・・・「とりあえず」(仮)の部品が残っちゃってミッットモナイことになってるぅ・・・
単車のリヤブレーキペダル2個使い。こんなことになるのも「とりあえず走りたい」がため。しかたがありません。
単車のリヤブレーキペダル2個使い。こんなことになるのも「とりあえず走りたい」がため。しかたがありません。
「まあこんなところかな」というところまでやってきました。早く走ってみたい。みっともなくハンドルのポストを延長しているのはご愛嬌。
「まあこんなところかな」というところまでやってきました。早く走ってみたい。みっともなくハンドルのポストを延長しているのはご愛嬌。

今日はここまで・・・速く作業しなくちゃ・・・また明日!
 
↓Facebookページできました!!