フロントローダーも色々。ジョンディアJD2130撮りトラ

〆切が迫っていて汲々しているので時間を掛けられません。ごめんなさい。

今日は北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、ジョンディアJD2130「撮りトラ」です。

tractordata.comによればJD2130は、1973年〜1977年。John Deere 3.9L 4-cyl diesel、75馬力/	2500rpm。

tractordata.comによればJD2130は、1973年〜1977年。John Deere 3.9L 4-cyl diesel、75馬力/2500rpm。農研機構の安全鑑定は、ヤンマーが1977年に登録しています。

以前、『「撮り虎」JD2130/JD3140』で見たので、2130は2台目です。すごくしっかりした感じのドイツ、バーデン、マンハイム生まれ。


大きな地図で見る

またマップで検索しちゃった・・・バーデンのジョンディアの工場にはあたりまえですけど、高価なトラクターがずらりととまっています。

バーデンのジョンディアの工場にはあたりまえですけど、高価なトラクターがずらりととまっています。

何だか小さく見えますけど、これで昨日の2030より大きいんです。多分。

これが一台目に見た、JD2130。

どちらもフロントローダーのブラケットが付いていますが、様子が全く違います。今回のものはエンジンフードをやっつけないバンパー付きなのに対し、この機体は何も付いていません。そのかわり、ガッチリしたウエイト用のフレームが付いています。

塗装の粉吹き具合からも年代の違いがわかります。大きさもずいぶん違うんだな・・・6気筒だもんなあ。

同じ機体を横から見たもの。ああ! 冒頭の写真では赤く塗られている、なんだか愛のない形のステップがこちらにも付いている!

赤く塗られているからお手製かと思ったら、どうもオリジナルみたいですね・・・よく見たら、乗り込むのが大変そうです。フェンダーとフロントローダーの間から、ペダルを乗り越えて運転席に上がっていかなくてはなりません。

昨日のスキッドステアローダーの話じゃないですけど、トラクターは「サッと乗り込める」を犠牲にしがちのようです。それ以外に大切にしたいものがたくさんあるのでしょう。

『ついに2年越しの謎のトラクターを特定!「撮りカタログ@土の館」』で見たアイヒャートラクターなどは後ろから乗り込むタイプでした。

ブルーグレーの機体ですからドイツのトラクターでしょうかね? Eicher Tiger 3153というみたいです。ドイツ製だったら「アイヒャー ティーガー 3153」と読むのでしょうか。今度はここら辺を攻めてみましょう。

Eicher Tiger 3153というみたいです。どこから乗るの?という感じです。

Leopard(レオパルト)の次はPanther(パンター)ということで、アイヒャー・パンターEicher Panther EM295です。レオパルトは空冷単気筒だったようですが、こちらは空冷を直列2気筒のようです。アイヒャーは当初ドイツやハッツのエンジンを使っていたようですが、後に自社生産も行うようになったみたいです。このエンジンはどうなんでしょう・・・

アイヒャー・パンターEicher Panther EM295です。これは長い棒のステップからフェンダーによじ登って脇から潜り込む感じ?

軽快なキャンバストップと言えばこれ。アイヒャー3353です。こちらはもう少ししっかりしたものですがそれにしたってかなりライトなもの。シートの向こうが他のトラクターにくらべてものすごくすかっとしているので、きっと後ろから乗り込むのでしょうね。 きっと「土の館」でみたES400もこのようなキャビンがついていたのでしょう。

アイヒャー3353です。これは窓の下をくぐって入るのかなあ・・・

1953年(昭和28) ランツ社製  ランツブルドッグトラクタ  1953年(昭和28) ランツ社製 (ドイツ) 単気筒2サイクル焼玉エンジン 自重5tn  1954年(昭和29) 耕土改良事業に国の貸し付けで北海道内11農協などに配置された。 畑地の深耕による農作物の増収に大きく貢献した。 音更農協で昼夜活躍していたものを、大学の教材に使用後保存していた。  同型はこの11台の導入のみ。  同型の全道での導入は92台。

昭和28年のランツブルドックD1506も、どこから乗るの?というトラクターの一つ。

脱線しているうちに時間がなくなってきました。

本題に戻ります。昔、フロントローダーのメーカーは、今よりずっとずっと多かったのかもしれませんね。今残っているローダーのメーカーは超メジャーメーカーだった・・・ということかも。

本題に戻ります。昔、フロントローダーのメーカーは、今よりずっとずっと多かったのかもしれませんね。今残っているローダーのメーカーは超メジャーメーカーだった・・・ということかも。

あと、たいしたことじゃないですけど、なんだかパンみたいだなあ・・・と思ったので・・・

あと、たいしたことじゃないですけど、なんだかパンみたいだなあ・・・と思ったので・・・

きょうもしまりなく終ってしまった・・・

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械