資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査

昨日は資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査でした。漢字が多くて長いですねえ・・・もっと言えば、多面的機能支払交付金活動の中の資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査ってことになります。

もう読み始めて終わりのほうへきたら、冒頭の漢字はすっかり頭の中から蒸発している感じですよね?

まあ、今あるものをだまし騙し長く使っていくための活動とでもいいましょうか・・・島地区では水路の柵板がなぜかボロボロになっているので、これを交換しようということなんです。

この水路がそうです。なぜか一番上のコンクリートの板がボロボロになって痛んでいるのです。
この水路がそうです。なぜか一番上のコンクリートの板がボロボロになって痛んでいるのです。
去年は一番上のコンクリート板を全部交換したのですが、それだと100mしか交換できませんでした。そこで、悪いものだけ取り替えて距離を伸ばそう・・・ということになったのです。そこで、悪いものをピックアップしているわけです。
去年は一番上のコンクリート板を全部交換したのですが、それだと100mしか交換できませんでした。そこで、悪いものだけ取り替えて距離を伸ばそう・・・ということになったのです。そこで、悪いものをピックアップしているわけです。

資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査
ところが、不思議なことにこの写真でいえば左側はほとんどがダメで、右側にはダメなものがまったくありません。どういうことでしょう・・・仮説として使っている肥料が違うから・・・というものが上がっていました。肥料が酸性ならそれも考えられますけど、そういう肥料もあるのでしょうか?

 
写真左のほうが若干低く水をかぶりやすいというのもあるように思います。また、意外と草や土が厚くかぶっているところは痛みが少ない・・・いろいろな要素が絡み合っているんでしょうね。でも、全面的に左側がダメという大きな違いにはビックリしました。

資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査
この作業、草がかかっていて、それをどけるのが結構大変です。両側何百メートルもですからね・・・
資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査
この程度ならOK。でも、ボロボロになって鉄筋が出たりしているようなものは交換です。

あまり関連ありませんが、以前貰った活動マニュアルに水路のフリュームの設置と書いてあって、フリュームって柵板のことをいうのかな・・・と調べてみたら、プリキュアばかりでてきてびっくりしました。「プリフューム」と間違えて入力したみたいです。全く何をやってるんだか・・・

フリュームとは「水路式側溝」のことらしいです。これでは意味がわからないのでもっと調べると、置樋ということみたいです。なるほど・・・ただ地面を掘って水を流したものはフリュームとは言わず、樋、この場合はコンクリートの樋をフリュームと呼んでいるんですね。

資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査
ふたりとも篠竹を抱えています。これを突き刺して目印にしようというのです。僕はスプレーかなにかで印を付けるものと思っていましたが、草がかぶったり濡れたりしていて、スプレーは使えそうにありませんでした。この篠竹しかありません。さすが!

“資源向上活動(施設の長寿命化のための活動)の現場調査” の続きを読む