クボタディーゼルコンバインHT2200・・・「昔のカタログ」その2

今日もトラクター狂さんに送っていただいた昔のカタログシリーズの続き。1978年(昭和52年たぶん)、クボタコンバインHT2200 その2です。

大量刈取り、大量脱穀にふさわしいパワーです。
大量刈取り、大量脱穀にふさわしいパワーです。

これを見ていると、ワラくずを選別する網からモミをもう一度取出すルートのことを「2番スロワ」と呼んでいるのですね。

今まで色々カタログを見ていて「2番スロワ詰まりの警告」「警告」という意味がやっとわかりました。

ドロッパカッタ、ワイド幅 エンドレスゴムクローラ 補助者デッキ と項目があります。
ドロッパカッタ、ワイド幅 エンドレスゴムクローラ 補助者デッキ と項目があります。

補助者デッキ

補助者も疲れず安心して作業できます。

補助者デッキが大きくなりました。さらに補助者専用の応答ブザーとセフティガードを採用。旋回時やもみ袋の交換時でも安心。しかも、運転者に何か伝えたいとき、ブザーですばやく連絡できますのでグッと能率が上がります。夜間作業にも明るく便利な補助者席作業灯(オプション)があります。

満杯のもみ袋を積んだまま走れます。

満杯のもみ袋が8つまで置けるデッキです。いちいち田に落とさなくても済み、もみ袋収集が計画的にでき、能率が上がります。

ああ・・・それまではもみ袋を「ボトン」と刈った田に落としていたんですね・・・で、それを拾い集めていた・・・

いちいち勘定はしていませんが、カタログに「能率、能率」と書いてあるのがわかるような気がします。「応答ブザー」と、単なるブザーにステキな名前を付けて「能率が上がる」と書いてあるのも微笑ましいです。

“クボタディーゼルコンバインHT2200・・・「昔のカタログ」その2” の続きを読む