こちらは2人乗れそうもない。クボタ2条刈りコンバインNX1300・・・「昔のカタログ」

今日は昨日の流れで「昔のカタログシリーズ」。Aさんに貸していただいた、昭和53年、1978年のクボタコンバインNX1300のカタログです。

昨日のNX1800は2人乗っていましたけど、こちらはちょっと小さいようで2人乗るのは厳しそうです。
昨日のNX1800は2人乗っていましたけど、こちらはちょっと小さいようで2人乗るのは厳しそうです。
モミ出口は4袋自動切替え、しかも2袋入る大容量ホッパ付き。袋交換なしで6袋分も連続作業できます。クボタ独自の電磁弁式オートシャッタ機構で、袋に一定量入ると自動的に出口をしめ、モミは次の袋へ。  一袋の収量がほぼ一定ですから持ち運びにも便利です。4袋とも一杯でランプがつき、さらにホッパが一定量になるとブザーが通報します。袋交換に手間がかからず能率的。特に湿田での作業には一段と便利です。
モミ出口は4袋自動切替え、しかも2袋入る大容量ホッパ付き。袋交換なしで6袋分も連続作業できます。クボタ独自の電磁弁式オートシャッタ機構で、袋に一定量入ると自動的に出口をしめ、モミは次の袋へ。 一袋の収量がほぼ一定ですから持ち運びにも便利です。4袋とも一杯でランプがつき、さらにホッパが一定量になるとブザーが通報します。袋交換に手間がかからず能率的。特に湿田での作業には一段と便利です。

うまく説明できないですけど、これ、シャッターが閉じたあと、4つの漏斗部分にモミがきっと残っちゃいますよね? 最後の最後は袋を4つの口で回して汲んでいかないとダメなんだろうな。

今となってはほとんど見ることがなく、見たとしてもスクラップ的な状態が多くなっているはずのこのコンバイン。当時の綺麗な姿を見る事ができる(特にこのカタログは綺麗で、当時のままという感じです)昔のカタログは、タイムマシンみたいで不思議です。
今となってはほとんど見ることがなく、見たとしてもスクラップ的な状態が多くなっているはずのこのコンバイン。当時の綺麗な姿を見る事ができる(特にこのカタログは綺麗で、当時のままという感じです)昔のカタログは、タイムマシンみたいで不思議です。

“こちらは2人乗れそうもない。クボタ2条刈りコンバインNX1300・・・「昔のカタログ」” の続きを読む