四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」

昨日のピッコロ続きで同じ場所、今日はクボタトラクターの「撮りトラ」クボタM1-65です。(Mってのは何を表しているんでしょうね)

北海道で撮影したもので、初めて見る機体です。お願いして写真を撮らせてもらうのですが、この前に何件か撮影を断られていてなかなか難しく思っていた時、通りがかりに見つけて撮らせてもらったものです。

Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
「トラクターが好きで写真撮らせて貰えませんか?」と聞いても「うちは買取専門だから」と意味不明に断られたりしてなかなか理解してもらえません。  ?マークがいっぱい出ていみたいですが、3軒目のここでやっとOKが出ました。
Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
M1-65 その上に4WD、さらにその右にはElectro-Shuttle(エレクトロシャトル?)と書いてあります。電子的な変速装置なのでしょうか? パドルシフトみたいなものが付いているんでしょうね・・・

クボタではネットで取説をダウンロードできますからとても親切です。それに載っている農研機構の検査成績表の日付が昭和63年12月7日とあるように見えます。
 

顔だけでなくボディもスクエアでかっこいい!

Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
ということでクボタ M1-65DTは昭和63年生まれですから1988年生まれ。生まれてから26年ほど経っています。

もう一度スペックをおさらい。

エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロール。

Kubota_Tractor_M1-65 エンジンはクボタD3502水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン、3499cc、65馬力/2400rpm。ミッションは主変速6段、副変速2段の前進12段、後進12段。PTO回転数は643rpm/1008rpm。作業機昇降装置は油圧式。制御はポジション及びドラフトコントロール、ミックスコントロールとなっています。
このクボタM1-65は中古機械として店頭で売られていたものです。もうとっくに売れてしまったと思いますが、参考までに価格は税込みで¥2,808,000でした。使用時間は2693時間、備考としてF8.3-24 R16.9-30 ドローバー無し クリープ付き タイヤ4本新品・・・とあります。

“四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」” の続きを読む