いつの間にか100万ヒットを越え・・・と、イボクサ・オモダカ・ミゾカクシの花

いつの間にか100万ヒットを越えてます! とはいえ、クローラーはカウントしないようにしているはずなのに何種類かカウントしているみたいで、実際のところはかなりいいかげん・・・

多いのか少ないのかわかりませんが、とにかく始めた時はクローラさえも来てくれなくて、誰もいないネット砂漠の真ん中で「誰かくるまで書く事がなくても毎日書こう」と思ったんだっけ・・・

「見る人は自分だけ」という状況から4年・・・今はこの大変贅沢な状況を楽しまなくちゃいけませんね。半分が機械だとしても、かなりの人数に見てもらえているということは張り合いがあるというものです。

イボクサ(疣草)の花

崩れた排水溝の柵渠を調べている時にツユクサみたいだけど花の色が紫がかったピンク色の花を見つけました。一緒にいたMさんが一所懸命思い出して「イボクサ」という名前を絞り出してくれました。

「イボクサ」花の季節を まだか過ぎたか、それともそんなものなのか、排水溝の法面に思い出したようにポツリ、ポツリと咲いています。
「イボクサ」花の季節を まだか過ぎたか、それともそんなものなのか、排水溝の法面に思い出したようにポツリ、ポツリと咲いています。

イボクサはウィキペディアによると

イボクサ(疣草、Murdannia keisak)は、ツユクサ科イボクサ属の一年生植物。湿地に生える雑草で、水田では畦によく出現する。
葉の汁をつけると疣(イボ)が取れるといわれて名付けられた。

ツユクサを小型で細くしたような植物で、茎は横に這い、枝分かれする。節ごとに葉をつける。葉は基部が葉鞘になり、先端の葉は線状楕円形。
花には淡紅色の3枚の花弁が目だつ。花は1日でしぼむ。

とあります。

イボクサ 色の付いた花びらが3枚しかない手抜きの花ですが、良く目立ちます。
イボクサ 色の付いた花びらが3枚しかない手抜きの花ですが、良く目立ちます。

“いつの間にか100万ヒットを越え・・・と、イボクサ・オモダカ・ミゾカクシの花” の続きを読む