弘道館の桜、せっかく行って撮ってきたので載せようと思って説明書き読んだら結構おもしろい。その2

戻ってきたので約束通り続きを・・・更に行くと八卦堂というものがある

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂 そんなに大きくない八角の建物

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂

こんな木でできた建物 中に何か入ってます

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂

イメージ、デルモンテのマークみたいな窓があります。

その時はよくわからなかったんだけど・・・

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂 看板が立ってます。どうも中には「弘道館記碑」というものが納められていたらしい。

水戸藩の藩校弘道館 八卦堂 看板が立ってます。どうも中には「弘道館記碑」というものが納められていたらしい。

拡大してみたら読めました。八卦堂の中に弘道館記碑という大事なものが納められていたんですね!

弘道館記碑とは

旧弘道館は江戸時代の水戸半の藩校の跡で、一部が国の特別史跡に指定されています。
弘道館は名君として知られる第9代藩主徳川斉昭(烈公)が藩政の改革の重要施策の一つとして解説しました。
藩校として全国一の規模を誇る敷地内には、学問を学ぶ文館、武術を修練する武館、医学館、天文台、馬場、調練場などがあり、総合的な教育機関といえるものでした。

その建学の精神は、天保9年(1838)に斉昭の名で公表された弘道館記に「忠孝一致」「文武一致」「学問事業一致」「神襦一致」「治教一致」の5つの方針として示されました。

これは君主への忠義と親への孝行、学問と武芸、学問とそれ以外の諸事業、神教と儒教、政治と教育、それらは皆それぞれ一致するものであって、一体のものであるとしています。

その文章は斉昭が裁定し、領内の真弓山(常陸太田市)で産出する、寒水石と呼ばれる大理石に刻まれました。これが弘道館記碑です。

「弘道館」は神社もあるしミッション系の総合大学、もしくは学芸と武芸を備えた人材を育成するための警察学校か士官学校みたいなものだったのでしょうか?

それと、真弓山(常陸太田市)登ったことあります! あそこでダンプがバンバン運んでいた真っ白で、ちょっと赤茶の色の入った石は江戸時代から掘られていた大理石だったんですね・・・驚きました。

(さらに…)

弘道館の桜、せっかく行って撮ってきたので載せようと思って説明書き読んだら結構おもしろい

水戸藩の藩校弘道館 弘道館鹿島神社の桜。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(烈公)は天保9年(1838)水戸学大道の象徴たる藩校弘道館の仮開館に際して、仁孝天皇の勅許を得て神殿を造営し、同11年(1840)9月、潮田巧蔵に命じて、構内に武甕槌大神を祀る意思を宣言した「弘道館記」を真弓産の大理石に刻らしめ、安政4年(1857)5月9日、常陸国一ノ宮鹿島神宮の御分霊を遷祀し、更に斉昭公が自ら鍛えた「葵くずし八雲鍛え」の太刀を奉納して御神体に擬え弘道館に魂を入れて本会館となりました。(太刀は水戸市指定重要文化財・県立歴史館保管)

弘道館鹿島神社の桜。この社にもあとから述べますがいろいろあるのでした。

水戸のお堀の桜を撮るついでに見てきた弘道館。さらっと流して写真だけ撮ってきたのだけれど、写真に写っていた説明書きを読んだら結構おもしろいのでした。

カメラの使いかた、あとから気がつくこういうメリットもあるんですね。

要石歌碑

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑 入口から入って何となく目に付く大きな楠の下にあります。

要石歌碑 入口から入って何となく目に付く大きな楠の下にあります。

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑の楠

こんな巨大な楠です

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑の楠

歌碑やまわりを覆ってあまりあるくらい、大きくかぶっています。

歌碑脇の看板には・・・

要石歌碑

鹿島神宮の要石になぞらえて建てたこの歌碑はの自選、自筆によるもの。

大和の道は万古不易の大道で日本人の実践すべきものであることを示された。

「行く末もふみなたがへそ 蜻島(あきつしま) 大和の道ぞ 要(かなめ)なりける」

とあります。

この歌碑は要石をかたどっているそうですが、見えてる部分は少なくてもものすごい部分が土に埋まっているそうです。とはいえ、こんな形(断面図だと思いますが)を埋めるのは大変な作業・・・

そして、これを掘るというお話があるそうなんですが、先の見えない作業は人の心をいつの時代でも砕くみたいで、ずっと掘り続けても途中で諦めてしまうぐらいのものだんだそうです。

そういえば地面に埋まっている石、グラグラしているようでも、いざ引っこ抜こうとするとかなり苦労しますもんね。抜けそうでなかなか抜けない歯なんかもそう。

要石、ウィキペディアに記載がありました

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮にある要石 ウィキペディアより

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮にある要石 ウィキペディアより

要石(かなめいし)は、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮と千葉県香取市の香取神宮にあり、地震を鎮めているとされる、大部分が地中に埋まった霊石。

伝承
地上部分はほんの一部で、地中深くまで伸び、地中で暴れて地震を起こす大鯰あるいは竜を押さえているという。あるいは貫いている、あるいは打ち殺した・刺し殺したともいう。
そのためこれらの地域には大地震がないという。ただし、大鯰(または竜)は日本全土に渡る、あるいは日本を取り囲んでいるともいい、護国の役割もある。なお、鹿島神宮と香取神宮は、日本で古来から神宮を名乗っていたたった3社のうち2社であり(もう1社は伊勢神宮)、重要性がうかがえる。
鹿島神宮の要石は大鯰の頭、香取神宮の要石は尾を押さえているという。あるいは、2つの要石は地中で繋がっているという。
要石を打ち下ろし地震を鎮めたのは、鹿島神宮の祭神である武甕槌大神(表記は各種あるが鹿島神社に倣う。通称鹿島様)だといわれる。ただし記紀にそのような記述はなく、後代の付与である。武甕槌大神は武神・剣神であるため、要石はしば剣にたとえられ、石剣と言うことがある。鯰絵では、大鯰を踏みつける姿や、剣を振り下ろす姿がよく描かれる。

逸話
古くは「ゆるげどもよもや抜けじの要石 鹿島の神のあらん限りは」と詠われている。江戸時代には、この歌を紙に書いて3回唱えて門に張れば、地震の被害を避けられると言われた。
1255年(建長8年)に鹿島神宮を参拝した藤原光俊は、「尋ねかね今日見つるかな ちはやぶる深山(みやま)の奥の石の御座(みまし)を」と詠んでいる。
古墳の発掘なども指揮した徳川光圀は、1664年、要石(どちらの要石かは資料により一定しない)の周りを掘らせたが、日が沈んで中断すると、朝までの間に埋まってしまった。そのようなことが2日続いた後、次は昼夜兼行で7日7晩掘り続けたが、底には達しなかった。

手水

水戸藩の藩校弘道館 要石を過ぎるとこの水場があります。手水をスマートに使えるといいですね・・・

要石を過ぎるとこの水場があります。手水をスマートに使えるといいですね・・・

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (鈴木青龍より[10/19]) あートヨタのトラクタ
  • Special Paintのイーグルデザイン。三菱GA551(かなあ)「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/19]) アメリカ国旗やカナダ
  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械