日高2DAYsエンデューロ終りました

大気圧の空気圧でも初めのうちは元気だったタイヤも、100キロ以上走るとサイドウォールが悲鳴を上げるようです。ラジアルだったらもっと持つのかなあ。
大気圧の空気圧でも初めのうちは元気だったタイヤも、100キロ以上走るとサイドウォールが悲鳴を上げるようです。ラジアルだったらもっと持つのかなあ。

いや〜長々とブログタイトルとは関係ないものを見せてすみませんでした。オマケに最後に思わぬことでみんなに心配をかけてしまいました。

終ってからの一杯ができない直帰を避けた宴会魂と翌々日の予定のため、帰りは1000キロオーバーの自走(まあ、やりたかった・・・というのがメインの理由ですが)となってしまい、さらに中古タイヤとアマアマ空気管理がトラブルを引き起こしたのですが、早起きバイク屋さんがいてくれたおかげで午前の予定はすっ飛ばしても、午後の予定に間に合いました。6時間ほど予定より遅れてのゴールでした。

あとで携帯で上げたエントリをちゃんとした写真を追加して整えたいと思います。

エンデューロの写真を少し

一日目、スタートしてちょっと行ったところ、林道脇から川を越えて牧場の丘のてっぺんを目指します。朝8時半すぎ・・・選手達はまだきれいです。
一日目、スタートしてちょっと行ったところ、林道脇から川を越えて牧場の丘のてっぺんを目指します。朝8時半すぎ・・・選手達はまだきれいです。
川の中で待つこと30分 きたっ! ルート後半、もうすぐ一周してホームに戻れます。ここは移動区間なので選手に殺気はありません。
川の中で待つこと30分 きたっ! ルート後半、もうすぐ一周してホームに戻れます。ここは移動区間なので選手に殺気はありません。
目の前に来たゾ ゼッケン一番 昨年のチャンピオンです
目の前に来たゾ ゼッケン一番 昨年のチャンピオンです
比較的浅いのでどこでも通れます。でも川底は大きな石がゴロゴロ。
比較的浅いのでどこでも通れます。でも川底は大きな石がゴロゴロ。
二日目、場所は別ですが、やはりルート後半の川沿い移動セクション。川を渡って岸に駆け上がります。
二日目、場所は別ですが、やはりルート後半の川沿い移動セクション。川を渡って岸に駆け上がります。
2日間の日程の一番最後、完走者がクラスごとにヨーイドンで速いもの比べをする「ファイナルクロス」ここまでは自分と自然と時間が相手でしたが、ファイナルクロスで初めて直接的に他人と競うことになります。これはトップカテゴリーのファイナルクロス。スタート直後の第一コーナーに進入する選手達・・・すごい迫力です。
2日間の日程の一番最後、完走者がクラスごとにヨーイドンで速いもの比べをする「ファイナルクロス」ここまでは自分と自然と時間が相手でしたが、ファイナルクロスで初めて直接的に他人と競うことになります。これはトップカテゴリーのファイナルクロス。スタート直後の第一コーナーに進入する選手達・・・すごい迫力です。

一方、僕たちマーシャルは・・・

2日目、朝のスタートをコース上で待つマーシャル。昨日の雨と朝露で登りがツルツルなので、万が一の渋滞に備えて待機します。本当に静かでこれから喧噪の一日が始まるなんて信じられないくらいです。朝靄と梢を通して朝日が顔をのぞかせました。
2日目、朝のスタートをコース上で待つマーシャル。昨日の雨と朝露で登りがツルツルなので、万が一の渋滞に備えて待機します。本当に静かでこれから喧噪の一日が始まるなんて信じられないくらいです。朝靄と梢を通して朝日が顔をのぞかせました。
遊んでるんじゃないですよ!!競技者が来るまで待っているんです!! 手前の彼は下の深い水たまりにタバコを落として悲しんでいます。しかし、彼はさらにこの後iPhoneを水たまりに落としてしまうのであった。・・・やると思ったんだよなあ・・・
遊んでるんじゃないですよ!!競技者が来るまで待っているんです!! 手前の彼は下の深い水たまりにタバコを落として悲しんでいます。しかし、彼はさらにこの後iPhoneを水たまりに落としてしまうのであった。・・・やると思ったんだよなあ・・・

もちろん待っているばかりでなく・・・

このようにルート上でわかりにくいところはテープを張ってわかるようにしているのですが、路面状況が変わったり、選手はもちろん動物に切られたり倒されたりで変更、修繕をしなくちゃならないんです。
このようにルート上でわかりにくいところはテープを張ってわかるようにしているのですが、路面状況が変わったり、選手はもちろん動物に切られたり倒されたりで変更、修繕をしなくちゃならないんです。