フェシュフェシュに気をつけろ!(Dakar2012 etape-9)

一台通れば一台分沈み、二台通れば二台分沈む・・・フェシュフェシュは小麦粉でできた底なし沼だ!

一台通れば一台分沈み、二台通れば二台分沈む・・・フェシュフェシュは小麦粉でできた底なし沼だ!

毎日ルート概要を見てどんなところか想像しながら見ているわけですが、どんなに状況が大変でも、イージーでも、走るべき道はただそこにあるだけであり、だまって襲いかかったりはしません。

しかも問題点はマップに記載され、ブリーフィングでも注意されているわけです。それでも競技者は全員長いSSの間に一回はミスを犯してしまう・・・一瞬の気のゆるみ(景色に目を奪われるということも含まれます)、トイレに行きたいのをガマンしていたり、先行者に追つき抜けそうな時・・・立ち止まり考えていれば防ぐことのできるミスです。でも、それはできません。

ミスの元を辿れば「欲」から始まっているのかもしれません。もしかしたらスポーツ全体にいえることなのかもしれませんけど。タイムを削りたい、ライバルに追いつきたい・・・そういう欲と、それから来るリスクを天秤にかけ、石ころ一つ、溝一つに至るまで、一瞬一瞬、短い時間で判断し続け、クルマのコントロールをしてるのかな?・・・そんなふうに思います。

今日はその自分の欲との戦いが激しくなりそうです。

ETAPE-9 アントファガスタ→イクイケ

トランスポートセクション:9km スペシャルステージ:556Km

海から山へ、そしてまた海へ

海から山へ、そしてまた海へ

今日の標高は低め・・・それでもピークは2000オーバー!

今日の標高は低め・・・それでもピークは2000オーバー!

気をつけろ!(スリルは保証付き)

南米大陸を北上するラリーは、海から山へ、そしてまた海へと競技者は休む間がありません。これらはその特徴と風景によって全く違う対応を競技者に迫ります。
最初のSS、競技者は渓谷の底いのフラットなルートをとり、ふっかふかのフェシュフェシュに沈みます。次のSSはドライバーとコ・ドライバーに、目印のないGPSによるウェイポイント通過を要求して、そのナビゲーション能力を試します。
そして、その報酬はといえば、2010年のダカールラリーでフューチャーされた太平洋岸のイクイケへ向かっての崖下りです。

これもわかりにくいですが、「フェシュフェシュに沈みます」沈むって言い切っちゃってるところが恐ろしいです。沈むっていうんだから沈むんでしょう。

色々な国で色々に言われていますが、フェシュフェシュというのは、小麦粉とかセメントみたいな土の細かい粒子が空気を多く含んで、それが一時的に固まっている状態と言うか、そんな道のことです。

人間が歩いたりする分には別にどうってことのない感じですが、クルマや単車で走ると沈んで、ふっかふかの土だか砂だかセメントだか小麦粉だかわからないものがわらわらと掘れてどんどん出てくるのです。

一台通れば一台分、二台通れば二台分、どこまで深いのかわからないセメントの底なし沼です。ですからできるだけ誰も通っていないところを走らなければならず、あっという間に峡谷は轍だらけになってしまうでしょう。

そして言ったん舞い上がったホコリは渓谷の底に30分以上も漂ったまま・・・粉っぽいわパワーは喰われるわまっすぐ走らないわの最悪の地形です。オーストラリアでは「ブルダスト」中国は黄土高原の「黄土」(春になると日本までやってくる黄砂のふるさとです)なんかもこれじゃないかな・・・なんて想像してます。

そして難しいナビゲーションのご褒美は谷落としと、欲の克服の修行は容易じゃありません。

さて、チームランドクルーザー所属の#339三橋 淳 選手は、そのフェシュフェシュはとうに抜けて、ナビゲーション能力を試されるところに差し掛かっていて、WP8を23番目に通過して今日も順調のようです。

ダカールラリー2012の記事をまとめてご覧になるにはこちら

ダカールラリー2011の記事へ
ダカールラリー2011の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/08]) noraさんhoka
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/06]) ライブ配信はココです
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (ゴンザリオより[10/04]) お疲れ様です。 2
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/03]) noraさんさん御変
  • 第7章、街づくりを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[10/03]) 山葵さん おはようご
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械