島茅の正体を考える

「昔の島地区は茅や葦の産地だった」(詳しいいきさつはこちらを見てくださいね)という記事で、「島茅」(この字が当てられるのかどうかはわかりませんが)という茅葺き屋根の屋根材が生産されていたと書きました。そのせいかどうか、Mさんの家はついこの間まで(この「ついこの間」は、なかなかクセ者なんですが・・・)は茅葺きだったそうです。

「茅」というのが材料名で植物の名前じゃないってことは、「島茅」も商品名で植物の名前じゃないよねえ・・・

「茅」というのが材料名で植物の名前じゃないってことは、「島茅」も商品名で植物の名前じゃないよねえ・・・

環境保全会の草刈りの時にKさんが、『「島茅」って言うけど、そういう固有種があったわけじゃないよねえ』って言ってたんですけど、確かに僕もそう思います。島地区に生えている茅という意味で「島茅」で、特にそういう種類があったわけではないと思います。僕もずっと気になっていたので少し探してみることにしました。

「島茅」探しのヒントは、島茅を教えてくれ2人の話を総合して

1:直径せいぜい3ミリか4ミリで背が低め、細くてしなやかでとっても丈夫、茅葺き屋根に最適

2:ススキじゃない

3:昔はそこらにいっぱい生えてた

の3つだけです。

この話を聞かせてくれたSさんや、ついこの間まで茅葺き屋根だったMさんは「まだそこらにあるんじゃないのか」と、いいますが、どうも「見た」という話は聞かないので、もしかしたら茅を収穫する「ヤワラ」と呼ばれる場所に「わあっ」と生えていないとわからないのかもしれません。もしくはその「ヤワラ」に生えることによってその種類が「島茅」化するとか・・・

まず、カヤというものをキーボードで入力すると「茅」「萱」と出てきます。辞書で調べてみると、どちらも正解で、屋根を葺く用いる草木の総称。チガヤ・スゲ・ススキなど。・・・と、出てきます。「茅」もしくは「萱」というのは植物の名前じゃなく、商品として出荷されるか、屋根に葺かれて初めて「茅」もしくは「萱」と呼ばれるようになるようです。

また、ウィキペディアによると

茅はススキの別名であるが、チガヤなどの総称でもある。茅葺は世界各地でもっとも原初的な屋根とされ、日本でも縄文時代には茅を用いた屋根だけの住居が作られていたと考えられている。

基本的に雨漏りを防止するために急勾配の屋根にするが、使用する植物の茎などが太いと隙間が大きくなり雨漏りがしやすいため、より急勾配が要求される。通気性・断熱性に優れる、雨音が小さいなどの長所を持つが、寿命が短い・近隣で火災が生じた場合に容易に類焼してしまうといった短所を併せ持つ。

とあります。Sさんが島茅は、「直径せいぜい3ミリか4ミリで背が低め、細くてしなやかでとっても丈夫、茅葺き屋根に最適だった」と言っていたのと合致します。細いというのはいろんな勾配の屋根を葺くことができるという、自由度があるということなんですね。

チガヤ

シュッ シュッ と 柔らかそうなチガヤの穂が原っぱに出ています これは「島茅」なのでしょうか?

シュッ シュッ と 柔らかそうなチガヤの穂が原っぱに出ています これは「島茅」なのでしょうか?

もう冬ともいえますが、島地区をうろうろしているとそれらしい植物がいくつか見られます。その一つはイネ科のチガヤと思われる植物です。

チガヤの穂 このあたりでは結構おなじみですが、そんなに多くはありません。背もかなり低いです。

チガヤの穂 このあたりでは結構おなじみですが、そんなに多くはありません。背もかなり低いです。

チガヤの穂 綿飴みたいですね

チガヤの穂 綿飴みたいですね

チガヤの葉っぱは紅葉するようです。これは去年の写真。今年は暖かいせいか色が悪いです。

チガヤの葉っぱは紅葉するようです。これは去年の写真。今年は暖かいせいか色が悪いです。

葉は、草刈りをしないところでは80センチくらいになるそうですが、これで屋根を葺くのなら葉っぱではなく、茎部分だと思います。このあたりではせいぜい30センチこれで屋根が葺けますかねえ・・・茎自体はかなり細く(2ミリくらい?)細ければ細いほど屋根材としてよいのならこれは合格ですが、いかんせん長さがありません。

続きます。

水戸市大場町島地区の地理や歴史の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (ぽんこつより[12/13]) わー! 2018年
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (匿名より[12/13]) 農機遍歴やってるんで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械