怪物くんがやってきた Massey Ferguson(マッセイファーガソン)

以前、お金も窒素もグルグル回そう!(田んぼへ堆肥を撒いてもらいました)の記事で、堆肥散布機を引っぱっていたのがMassey Ferguson(マッセイファーガソン)のトラクターでした。普段田んぼで見かけるトラクターとは全然大きさが違ってまるで怪物です。酪農家が堆肥を撒いてくれているのですが、仕事が違うと使う機体も違うということなのでしょう。

なんだかすごく収まりの良い写真が撮れてしまった!まるでカタログみたい(自画自賛)クリックで拡大します。
なんだかすごく収まりの良い写真が撮れてしまった!まるでカタログみたい(自画自賛)クリックで拡大します。

一体日本のどの会社が売っていて、部品の供給などどうなっているのか、僕の知恵袋Mさんに聞いても、わからないそうです。このMassey Ferguson(マッセイファーガソン)もっと前にもMassey Ferguson 165(1964〜1975)を取りあげていました。この時代から比べるとずいぶんと洗練されたフォルムになったものです。

Massey Ferguson 5465 6気筒6Lディーゼルエンジン109馬力 トランスミッション前進/後進16段だそうです
Massey Ferguson 5465 6気筒6Lディーゼルエンジン109馬力 トランスミッション前進/後進16段だそうです
なぜか後ろ姿に惹かれてしまいます。単車もクルマもポイントはここらあたりですね。
なぜか後ろ姿に惹かれてしまいます。単車もクルマもポイントはここらあたりですね。

後ろ姿

ちゃんとランボルギーニって書いてありますねえ・・・
ちゃんとランボルギーニって書いてありますねえ・・・
これなんかはもうちょっとフィニッシュを考えてもらわないとダメかな?
これなんかはもうちょっとフィニッシュを考えてもらわないとダメかな?

その他の写真

Massey Fergusonのロゴマーク
Massey Fergusonのロゴマーク
フェンダーのスキマがいい感じです。ジョイント部分の角度が気になっちゃいます。これで大丈夫なんですねえ・・・
フェンダーのスキマがいい感じです。ジョイント部分の角度が気になっちゃいます。これで大丈夫なんですねえ・・・
タイヤのパターンってこうなんですね。泥はけの良いパターン。その分グリップは悪そうです。そういえばオフロードバイクのタイヤのパターンもこういう考え方です。雨が降ってドロドロの時、わざわざタイヤを逆に組んでみたりしたことを思い出しました。
タイヤのパターンってこうなんですね。泥はけの良いパターン。その分グリップは悪そうです。そういえばオフロードバイクのタイヤのパターンもこういう考え方です。雨が降ってドロドロの時、わざわざタイヤを逆に組んでみたりしたことを思い出しました。

マッセイファーガソンが載っている記事へ

トラクターの記事へ
トラクターの記事

第一便が出た!

深夜の東北道。物資を積んで北へ向かうトラックが延々と、途切れることなく続いている。
深夜の東北道。物資を積んで北へ向かうトラックが延々と、途切れることなく続いています。

深夜、北関東道を走って、東北道を行く友人のクルマに都賀西方SAで、気仙沼の友人達に向けた物資を託してきました。高速道路は、北関東道で大洗周辺と笠間以西が補修跡などでバンピーでした。東北道は(連絡によれば)安達太良周辺がかなりバンピーだそうです。

東北道SAで合流。支援物資運搬車の中で灯油がこぼれ大変なことに!
東北道SAで合流。支援物資運搬車の中で灯油がこぼれ大変なことに!

(連絡によれば)那須高原では給油待ちが長く、安達太良は比較的短く、今度は一転、国見はまた給油待ちが長くなる・・・先週とはやはり状況が違い、時間によって、日によって状況は刻一刻と変わるようで、やはり行ってみないとわからないことが多いみたいですね。

僕の持っている個人的な印象ですが、複雑な海岸線に面している町は、すべてのことが町の中でできるようコンパクトにまとまっている感じです。(海沿いの道は移動効率が悪く、山越えして行く4号線沿いの大きな町も遠いという交通の便があるせいだと思います。)そのために、大きな津波が来てすべてのことに不自由している・・・と想像しています。

なにが必要で、何がいらないか、現地へ行った友人の連絡待ちですが、空荷で行ってもしかたがないので思いつくものを用意しました。

近状の人にキュウリをいただきました。ありがとうございます!
近状の人にキュウリをいただきました。ありがとうございます!
それを洗って
それを洗って
何本かづつ袋に詰めて
何本かづつ袋に詰めて
マヨネーズとセットにして詰め直してみました。
マヨネーズとセットにして詰め直してみました。
唐桑のほうは、まだ電気が通じていないそうなので、ラジオをリクエストされました。
唐桑のほうは、まだ電気が通じていないそうなので、ラジオをリクエストされました。

自分でラジオが役に立った・・・と言っていたので、必要とは思いましたが、ビックリです。ラジオはどこも売り切れ、東京にもないそうです。かろうじて展示品を手に入れましたが、併せて頼まれていた単一電池は自分が探した範囲にはどこにもありませんでした。多分量販店にはもうなくて、個人の小さなお店などを探さなければ無いと思います。

たまたま家に訪れたお客さんにいただいたタマゴ。結構タマゴは必要とされるみたいなので持って行ってもらいました。
たまたま家に訪れたお客さんにいただいたタマゴ。結構タマゴは必要とされるみたいなので持って行ってもらいました。

気仙沼の友人達の家の人数を改めて確認してビックリしました。建物に被害がなかったお宅には、ゆかりのある人で、家を失った方々が身を寄せているようで、一軒の家に10人以上も暮らしているようでした。多品種小ロットで良いと思っていたのですが、量も少しはないとダメなような気がしてきました。

何が必要なのかほんとうに雲を掴むようでよくわかりません。
何が必要なのかほんとうに雲を掴むようでよくわかりません。

とにかく、今日出かけた友人に現場を良くリサーチしてもらって、みんなに喜こんでもらえるものを持って行きたいです。