Dakar2011 etap-5

第5ステージ カラマ > イキケ( 走行距離: 459 km)

追記 新しくこの日の映像があがっていたので貼っておきます。

ラリーもチリに入り、高地、ロックを経過して砂っぽくなってきました。路面はゆるやかにうねっていてライダーにとって一番危険な状態です。この日、上位陣でも転倒者がでたようですし、負傷リタイヤした人も出たようです。

この映像での一番のスペクタクルはこれです!!!丸の部分、砂山を駆け下りる二輪です!そのスピード!砂山の大きさ!!!

この映像での一番のスペクタクルはこれです!!!丸の部分、砂山を駆け下りる二輪です!そのスピード!砂山の大きさ!!!

上の映像の中の転倒シーンです。人間を振り落とした後、マシンは再び走り出したかのようです。

上の映像の中のもう一つのスペクタクル、転倒シーンです。人間を振り落とした後、マシンは再び走り出したかのようです。

追記終わり

今日のビデオは走行シーンはほとんどなしで、セブンサミッツを達成した?(よくわかんないです)スペインの登山家の競技者にスポットをあてている模様です。なんだかウインタースポーツの競技者とか、登山家とか、そんな人たちがこのラリーに興味を持つみたいですね。雪と砂・・・似ているのかな。

mini

三橋選手はステージを17位くらい(不確かですけど、すごい!!)で終えています。クラスも首位をキープ。また、ミニ、カントリーマンの人は総合で7位につけているみたいですけど、よく見たら中身はBMWのワークスみたいです。まあ、そうですよね。この人もウインタースポーツ出身者のようです。

自分としては好きで注目のクルマはこれです

右手前のクルマ、bowler 聞き慣れない名前のクルマですが、鋼管フレームの砂漠のスポーツカー。安くて(比較の問題ですが)速い、カッコいい!!ダカールではおなじみのクルマです。

右手前のクルマ、bowler 聞き慣れない名前のクルマですが、鋼管フレームの砂漠のスポーツカー。安くて(比較の問題ですが)速い、カッコいい!!ドアがボコボコしていてゼッケンが貼りにくい!ダカールではおなじみのクルマです。

続きを読んでね!の画像

あんまり並べるとトップページが重くなるので畳んでおきます。下の「続きを読む」のリンクをクリックして、下に開いてみてください。

(さらに…)

上の記事とゆるく関連しているほかの記事↓

ハクセキレイ

ポンプ小屋のトタン屋根で見つけました。しっぽを振り振り愛らしい鳥です。

ダカールラリーも続けて追っていきますが、大場町島地区の動物や植物のほうも環境保全活動や米作りが始まるまで追っかけていくつもりです。

白いお顔に黒いアイライン。スズメくらいですが、尾の長い鳥です。

白いお顔に黒いアイライン。スズメくらいですが、尾の長い鳥です。

wikipediaによるとハクセキレイは白鶺鴒と書いて、セキレイ科の鳥だそうです。以下引用

ロシア沿海地方・ハバロフスク地方の沿岸部、カムチャツカ半島、千島列島、樺太、日本列島(北海道、本州)および中国東北部に分布する留鳥または漂鳥。冬場の積雪地でも観察される。
日本では、かつては北海道や東北地方など北部でのみ繁殖が観察されていたが、20世紀後半より繁殖地を関東・中部などへと拡げ、現在は東日本では普通種になっている(#セキレイ類近縁種の分布を参照)。
また、西日本ではタイリクハクセキレイに容姿が似るホオジロハクセキレイ(学名 Motacilla alba leucopsis)も観察される。
引用終わり

飛び方は?

ジョウビタキの項で使った絵ですが、飛び方はこれと同じです。このことを波状飛というそうです。

ジョウビタキの項で使った絵ですが、飛び方はこれと同じです。羽ばたきと滑空を交互に繰り返す方法で、このことを波状飛といい、ヒヨドリ、セキレイ類、キツツキ類がこの飛び方だそうです。

もともとは水辺の鳥のようですが、現在では都市や町に順応して人間の生活圏の中で寝泊まりしている「都市鳥」だと言われることも・・・そういえばあちこちでこの白い顔、よく見かけます。食べ物も、もともとはクモなどの昆虫を食べていたようです。しかし、残飯など、結構何でも食べるとも言われています。そのせいなのか、近頃どんどんと勢力を拡大していて、もちろんレッドリストでも懸念小とあります。

冬羽根のオス。頭が黒、背中が灰色のこの取り合わせは、夏羽根のメスと同じカラーリングみたいです。おもしろいですね。

冬羽根のオス。頭が黒、背中が灰色のこの取り合わせは、夏羽根のメスと同じカラーリングみたいです。おもしろいですね。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (ぽんこつより[12/13]) わー! 2018年
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (匿名より[12/13]) 農機遍歴やってるんで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械